FF14に登場するクラス(ジョブ)には
それぞれにロールと呼ばれる役割が与えられています。

ロールは、タンク・アタッカー・ヒーラーの3種類あり
ロールが違えばコンテンツでの立ち回りが大きく変わってきます。

今回は、
ロール別の立ち回りの基礎を書いてみようと思います。

タンク

タンクの役割は
・ヘイト管理
・コンテンツの先導

の2つあると考えています。

・ヘイト管理

ヘイトとは味方それぞれに対する敵対心の事で、
敵はヘイトが一番高い味方を攻撃対象に選びます。

ヘイトは戦闘中のあらゆる行動で上昇します。
スキルによってヘイト上昇の度合は変わりますが、
自己強化スキルを乗せた攻撃や、
全体回復呪文などはヘイトの上昇率が高いです。

タンクに属するクラスは、
攻撃力自体はそこまで高くないのですが、
意図的に自分へのヘイトを上昇させるスキルを持っています。

これによって敵からの攻撃を全て自分に集め、
豊富な防御スキルで受け止める。

これが基本的なタンクのヘイト管理です。

また、
攻撃を集中させる敵を決めるのも
ヘイト管理の一つだと考えています。

全員がバラバラの敵を攻撃するとヘイトが安定せず
アタッカーやヒーラーにターゲットが跳ねてしまいます。

このような状況から
パーティが全滅するのは良くあることです。

なので、
3体の敵を相手するにしても
1体ずつ各個撃破していくのがセオリーになります。

タンクが攻撃する敵を予め指示することで、
戦闘中のヘイトを安定させることができるのです。

1体目はこの敵、2体目はこの敵というように指示があると
アタッカーやヒーラーはとてもやりやすいと感じます。

・コンテンツの先導

ダンジョンを遊んでいると
色々なところに敵が配置されている訳ですが、
見にくい場所にいたり、ウロウロ巡回していたりします。

そんな敵がタンク以外に絡んだら即お陀仏です。

なので、
必然的にタンクが先導役になります。

最初は道やダンジョンのギミックがわからないと思いますが、
ゆっくり進めば大抵の事は乗り越えられるはずです。

次にアタッカーを見ていきましょう。

アタッカー

アタッカーの役割は

・敵の殲滅
・CC

この2つです。

・敵の殲滅

アタッカーという名前の通り、
敵を攻撃するのが主な役割になります。

一体ずつ各個撃破していくわけですが、
タンクの項で書いたように、
事前に倒す順番を指示してくれるタンクというのは
正直あまりいません。

なので、
特に支持の無い場合は
タンクがターゲットしている敵を攻撃しましょう。

自分がタンクをターゲットすれば
今タンクがどの敵をターゲットしているか判別することができます。

時には範囲攻撃で殲滅するなんていう場面もあるので、
臨機応変にスキル選択を行いましょう。

また、
アタッカーにも多少のヘイト管理が求められます。
攻撃すればもちろん自分に対する敵のヘイト値は上昇します。

自己強化バフを全力で使って攻撃すれば
タンクでも抑えきれないほどのヘイトを稼ぐことだって可能です。

それが原因で自分が死に、
火力が落ちて敵を倒すのが遅れたり
全滅するなんてことは意外に多かったりします。

ヘイトをタンクから奪わないギリギリの火力を出し続ける。

というのがアタッカーの理想像です。

・CC

CCとは“Crowd Control”の略で、
敵の行動を制限することでPTがより安全に戦えるような
「戦況のコントロール」をすることを言います。

各クラスは眠らせたりスタンさせるなどの、
敵を妨害するようなスキルを習得します。

これらを駆使することで、
タンクやヒーラーの負担を減らすことができるので
パーティの生存率に大きな影響を与えます。

エンドコンテンツになればなるほど、
この妨害スキルの使用が必須になる場面もあるので、
自分がどういった形でCCに貢献できるか考えてみるのも面白いでしょう。

ヒーラー

仲間の援護、回復をするのがヒーラーの役目です。
HPの回復、バフ管理など仕事が盛りだくさんです。

他のロールについても言えるのですが、
特にヒーラーに重要な事は、

「敵が使用するスキルの観察」
なんじゃないかと思います。

どのスキルの攻撃力が高くて、
どのスキルに状態異常の追加効果があって、
それはどのタイミングて使ってくるのか?

これがわからないと回復が後手後手になってしまい、
じり貧になる場面が多いように感じます。

敵の使用スキルに合わせて
自分が持っている回復・援護スキルを使用する。
コンテンツのレベルが上がるほど忙しくなりますが、
かなりやりがいのあるロールだと思います。

ヒーラーに関しても
ヘイト管理というのは必要になってきます。

回復魔法で発生するヘイトは少し特殊で
ヒールヘイトと呼ばれたりします。

どう特殊かというと、
攻撃スキルだと攻撃した敵のみヘイトが上昇するのですが、
回復魔法は今戦っている敵全員のヘイトが上昇します。

つまり、
回復を連打していると
ヒーラーに敵全員が襲い掛かるなんて状況にもなるわけです。

なので、
回復は最小限にとどめる必要があります。
全体回復などは特にヘイト上昇量が大きいので注意が必要です。

全てのロールに言えること

色々書きましたが、
最初は各ロールの基本である、

タンク⇒敵視集める
アタッカー⇒攻撃する
ヒーラー⇒回復する

を全うして貰えれば構いません。

それで慣れてきたら、
他の事を少しずつ考えていけば良いです。

FF14のインスタントダンジョンは良くできていて
それぞれのロールで習得していくスキルを上手く使わないと
順調にクリアできないような仕組みになっています。

なので上達したかったら
ひたすらIDに行くというのもありです。

私も新しいロールのクラスを育てる時は
FATEよりもIDに沢山行っていたりします。

それである程度自分のロールに慣れてきたら、
今度は他のロールの気持ちも考えられるようになると素晴らしいです。

色んなロールをやっていると分かるのですが、
会話をせずともこのスキルを使って欲しい!
というのが分かるようになってきます。

まずはこのレベルを目指して行くと良いですね。

長くなりましたがこの辺で。
それではまた!



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!



管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。