02

どうも!らいむです。

さて、パッチ2.25から新たにアニマル装備が追加されたことで

「アニマル装備欲しいな~、ミラプリしたい!」

という人って凄く沢山いると思うんです、

でも、
「PVPやらないといけないのか、、、怖いな~どうしようかな~」

という具合に中々PVPに一歩踏み出すことができない人が多いのも事実です。

で、この一歩踏み出せない理由というのを考えてみたのですが、
おおよそ以下のものなのではないかなと思います。

・そもそもPVPの何が面白いのかわからない。
・初心者が行ってもリンチのような目に合わないか心配
・暴言とか言われそうで怖い

今回は上記の点を踏まえた上で、
PVP初心者がPVPを始める前にどんな準備をした方が良いのか?
ということについて書いて行こうと思います。

PVPの魅力

FF14に限らない広い意味での話になりますが、
私自身PVPが好きか?嫌いか?というと、好きです。

何故好きかっていうと、これはPVEとの対比ではあるんですが、
「攻略に終わりが無い」ということが挙げられます。

PVEは一回クリアすると二回目以降はかなり簡単にクリアできるので、
「攻略する楽しみ」という面では大して面白く無くなってしまいます。

最難関のエンドコンテンツである大迷宮バハムートであっても、
結局はプログラムされたパターンを紐解いていくだけの作業なので、
一回クリアできるとあとはもう機械的な作業なんですね。

一方PVPで戦う相手はプログラムでは無く自分と同じ人間なわけで、
プログラムされた機械的な動きの敵とは全く違う戦闘が味わえます。

いかに相手の裏をかくか?という心理戦も楽しめるので、
毎回生きた戦闘をスポーツ感覚で味わえる。
というのがPVPの大きな魅力と言えます。

マイナス面としては、やはり負の感情が挙げられます。

勝負事ですので、負けるとそれはそれは悔しいです。
しかもFF14のようにチーム単位でのPVPの場合は、
自分以外でのミスで負けることが結構あります。

これに思わず口を出してしまいトラブルに発展する、、、
なんていうのはFF14の世界に限らず、PVPの世界では日常的に起こっています。
まぁこれは現実の世界でも同じことが言えますよね。

このような負の感情と上手く付き合っていくのがPVPを楽しむコツだったりします。

個人的には「PVPをスポーツだと思って楽しんで欲しい」と思っています。
今の時代PVPは「E-SPORTS」というスポーツの一種として世界に少しずつ
浸透してきています。プロリーグなんかもあって、有名タイトルの大規模
な大会だと優勝賞金1億円というのもあります。

有名タイトルとFF14のPVPを同じレベルで話すことはもちろん今のところは
できませんが、それでもサッカーやバスケなどのスポーツ経験者は同じような
感覚で遊んでほしいし、スポーツが苦手で敬遠してた人だって、ゲームで遊べる
スポーツなら楽しめるかもしれない。

このような感覚で、まずは遊んでみて欲しいなと思っています。

どのようにランクを上げて行くか?

01

基本的にはPVPを一戦することで得られるPVPEXPと戦績を貯めながら、
PVPスキルや装備を整えていく。という流れになります。

PVPEXPと戦績は、参加するPVPの種類(レベル帯)によって変わります。

・lv30
・lv40
・lv50
・lv50(4vs4専用)

下に行くにしたがって得られるPVPEXPと戦績は上がります。
ただ、PTを組んで参加すると4vs4専用以外のマッチングでは経験値が下がります。

lv40に一人でCF申請を出すと、PVPEXP50戦績80。
lv40に二人でCF申請を出すと、PVPEXP30戦績40。
みたいな感じです。

とにかく一人で参加する分にはレベルが高いほど得られるものも大きい。
と考えて貰って良いのですが、じゃあこれから始める人がいきなりlv50に行っても大丈夫か?
というと賛否両論あると思います。

個人的には、経験ゼロの初心者であってもガンガンlv50に行って欲しいと思っています。

現状lv50で申請を出すとマッチングが遅く、マッチングしたとしても自分より相当ランクの
高いプレイヤーと当たって蹂躙されるという現象が結構起こります。

なので、これから始める人はまずはlv40に参加して全身ウォーウルフ程度まで準備を行い、
それからlv50に行く、、、というのが暗黙の了解になっているのですが、
私はこんなのつまらないと思うのです。

だってlv50までのスキル全部使いたいじゃないですか!笑

そもそも上記のような高ランクが低ランクとマッチングするっていうのは、
人がいないから起こるのです。

システムとしてはできるだけ同じランクの人とマッチングするような仕様が入っているので、
人が増えればちゃんと初心者は初心者同士マッチングするはずなのです。

なので、勇気を持って最初からlv50に挑戦するプレイヤーが増えてくれると良いなと
個人的には思います。

ただ、やはり中には心無いというか、自分の論理を他人になすりつける人というのも存在します。
lv50に参加したら、lv40で装備を整えてこいだの何だの言われる可能性は十分あります。

基本的に気にすることは無いと思うのですが、やはりこういうこと言われるのに慣れていなかったり、
大きなストレスを感じる人もいると思うのです。そういう場合はlv40からコツコツ始めてみることを
おすすめします。

俺はlv50でのし上がるんじゃあああ!って人は最初からlv50。
何か怖いから無難に少しずつやりたいなぁって人はlv40から、
始めてみると良いんではないでしょうか。

data-ad-slot="3673381137">

PVPlv40に参加する準備

03

「よし、じゃあとりあえずlv40でPVP遊んでみるか!!」

と意気込んでいるそこのあなた!ちょっと待った!

lv40のPVPに参加する場合、できればlv40の適正装備で参加することをオススメします。
というのもlv50装備がlv40にシンクされると、lv40の適正装備に比べてかなり弱くなります。

「大してかわらんやろーwww」

と思うかもしれませんが、大して変わるのです!特にHPが!!
どのくらい変わるか説明します。

例としてPVPの要と言えるヒーラーを挙げます。

lv50の装備がlv40にシンクされた場合、
HPは大体1500~1600程になります。

lv40の適正装備、さらにアクセサリーでVITを底上げすれば、
HPは大体1900~2000程になります。

その差300~400!!
これは召喚士のミアズマバースト約一回分に相当します。
さらに防御力もlv40適正装備の方が高いのでHP差と固さで相まって
かなりの差が生まれます。

近接職にとってはこれがそのまんま火力の差に繋がるのです。

マーケットで全身HQを揃えてもそこまでお金はかかりません。
(ガチガチにマテリアをはめるとなると結構かかります。)

※ lv40のエーテリアル装備が本当は一番良いのですが、別の機会に触れようと思います。

lv40適正装備ともう一つ用意して欲しいのは、
「エクスポーション」です。

戦闘中に使うとHPが300ほど回復してくれます。
実質HPが300上がるということでなので、持っておくとかなり生存率が上がります。
NQならマーケットで安く売ってます。

とりあえずPVP試してみるか!
ということであれば特に準備しなくても良いと思いますが、

「ちょっと本腰入れてPVP遊んでみるか!」

という場合は上記の準備を済ましてからPVPへ行くと、
勝率も上がり良いでしょう。

終わりに

今回は準備編ということで、まずどのレベル帯に参加するべきなのか?
ということとlv40に参加するに当たっての準備について書いてみました。

冒頭に書いた、
・初心者が行ってもリンチのような目に合わないか心配

に関してですが、参加するジョブによって変わります。
ヒーラーやキャスターなどは一番先に狙われるのでリンチのような状態に毎回なります。
それこそ経験が無いと一瞬で落とされて唖然とするなんてこともあるでしょう。

しかし、PVPスキルを覚えたり地形を利用して逃げたりなどを覚えれば、
リンチされたとしても生き残って返り討ちできるようになってきます。
これができるとPVPが楽しくなってくるんですね。

なので最初は負けが続いて辛いと感じるかもしれませんが、
相手を観察しながら試行錯誤していけばちゃんと勝てるようになるので、
チャレンジしてみてください。

ジョブ別の立ち回りなんかも今後追加していこうと思います、

・暴言とか言われそうで怖い

傾向としては、ちゃんと「準備」が出来ていないと「暴言」というよりか
「注意」される事はあります。

「準備」ができていないというのは、
例えばPVE装備でlv50に行ったり、lv50装備でlv40に行ったりなどですね。

「lv50装備で来るなよ!」
と言われればそれは暴言かもしれません、

「lv50の装備はシンクで弱くなるので、lv40の装備揃えた方が勝てるようになりますよ!」
と言われればこれはアドバイスです。

言い方の問題ではありますが、暴言を言われる事っていうのはほぼ無いです。

私もlv50のPVP装備でlv40に行ったときは、
「lv40装備揃えた方が良いよ~」的なアドバイスは言われましたが、
暴言っていうのは500回以上のPVP経験で1回あったかどうかです。

なので、コミュニケーションが心配でPVPを敬遠していた人も、
是非是非これから参加して欲しいなと思います。

ということで長くなりましたが以上で終わります。
それではまた!



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!

    記事が見つかりませんでした。


管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。