ff1401

FF14はMMORPGという、
あまり聞きなれない種類のゲームに属しています。

今回は、
「MMOってなに?」
「普通のRPGとどういう所が違うの?」

という疑問を解決しながら、
MMORPGについて解説しようと思います。

MMORPGの特徴

MMORPGとは、
「Massively Multiplayer Online Role-Playing Game」の略で、
「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」と訳されます。

簡単に言えば、
「同時に沢山の人が同じ世界を共有しながら遊ぶオンラインゲーム」
という感じです。

このMMORPGという種類のゲームは、
世間一般で言うゲームとは違い、
色々と異なる特徴を持っています。

セーブが無い

MMORPGの世界には、
リアルな生活と同じような時間の概念が存在します。

時間によって朝と夜が繰り返されるし、
雨が降ったり曇ったりすることだってあります。

もしもプレイヤーが一人も遊んでいなかったとしても、
ゲームの世界は存在し続け、時間が流れています。

MMORPGでの行動はリアルタイムでセーブされます。

従来のRPGのように、
「ゲームを辞める時はメニュー画面を開いてセーブする」
という概念が無いんです。

これが従来のRPGと大きく違う点の一つです。

例えば、
ゲームを遊んでいるときに操作や選択を間違ってしまい、
前のセーブに戻ってやり直したい状況ってありませんか?

従来のゲームなら、
前回のセーブデータをロードすれば解決する問題でした。

しかし、
リアルな時間が流れているMMORPGでは、
これは他のプレイヤーの操作との矛盾を引き起こすため、
「セーブされたデータ」からやり直すという概念は存在しないのです。

「ゲームオーバーの場合はどうなるか?」

戦闘で全滅してゲームオーバーになったら最後のセーブポイントまで戻る。
というのがRPGの常でした。

でもセーブという概念が無いMMORPGにおいて、
ゲームオーバーになったらどうなるのか?

MMORPGでは
ゲーム内のキャラクターが死亡した場合は以前の状態に戻るのではなく、
一定のペナルティを受けて生き返り、そのままゲームを続行することになります。

ペナルティとは、
・一定の割合の経験値を失う
・一時的に能力値が低下する
・アイテムをその場に放棄する

など色々ありますが、FF14の場合は

「装備の耐久度が多少減少する」
というペナルティが課されます。

装備の耐久度はゲーム内のお金で修理できるので、
実際はお金が少し無くなるというものですね。

他プレイヤーとの交流

先ほどMMORPGにはリアルな時間が流れていると話しました。

リアルな時間の中で色んな人が同時にゲームを遊ぶMMORPGでは、
現実世界と同じような人間社会も存在します。

ゲームの中だけで付き合うような友達ができるかもしれませんし、
嫌な奴だって中にはいます。

そんな世界を自分の分身であるキャラクターで満喫するのも
MMORPGの醍醐味の一つだったりします。

MMORPGでのコミュニケーションはチャットで行います。
最近ではLINEやSkypeなどでグループチャットができますが、
それを大規模にしたものを想像して貰えれば良いでしょう。

他にもコミュニケーションを支援する仕組みが組み込まれており、
仲良しな友達を管理するフレンドリストや、
特定の目標を持って組織を作るギルド(ff14ではフリーカンパニー)
がそれに当たります。

流通経済の存在

どこまでリアルなんだと思うかもしれませんが、
MMORPGの世界には経済が存在します。

従来のRPGでは、
回復するためのアイテムや装備するアイテムは
店のNPCから売買できるのですが、
MMORPGではプレイヤー間での売買が可能なのです。

もちろんそこには需要と共有の関係が働いており、
希少なアイテムほど高値で取引されます。

また、
MMORPGの多くには「生産」という要素が加えられています。

これは、
プレイヤーがゲームを進める中で使用するアイテムを
自分で生産することができるというものです。

例えばFF14では、
ギャザラーとクラフターという種類のクラスが存在します。
(ギャザラーとクラフターの中にも色々種類がありますが、ここでは割愛)

ギャザラーはアイテムの収集を専門とするクラスで、
フィールドに生えている植物や鉱石から生産の材料となるアイテムを収集します。

その収集されたアイテムを使って
消費アイテムや装備アイテムを作るのがクラフターの仕事。

クラフターでしか制作できないアイテムや、
装備品に自分の名前を入れて世界に一つだけの武器なんていうのも作れます。
もちろん性能が良いものは高値で取引されます。

従来のRPGでは、
戦闘でレベルとお金を稼ぎ強くなる
⇒さらに敵の強いエリアへ進む
⇒最終的にボスを倒す

という流れが一般的でしたが、
戦闘だけでなく生産というシステムを導入することで、

「俺は世界一の鍛冶職人になる!」

みたいなゲームの楽しみ方だって可能なのです。

料金体系

最後に料金体系です。

従来のゲームでは、
ゲームソフトだけ買えばゲームを楽しむことが出来ました。

しかし、
MMORPGにはゲームソフトの料金に加え、
月額で料金を支払う事でゲームを楽しむことができるシステムになっています。

例えばFF14では、
1か月遊ぶのに約1500円かかります。

この金額は入場料金のようなものだと思ってもらえれば良いでしょう。

ディズニーランドの世界を楽しむにも入場料金がかかるように、
FF14のエオルゼアの世界を冒険するにも入場料がかかるのです。

その代わりと言っては何ですが、
ゲームソフト自体の料金は3300円とお安くなっております。

他にもMMORPGにはアイテム課金というシステムが存在します。
これは経験値がボーナスで多くもらえるアイテムであったり、
特別な見た目の装備であったり色々あります。

FF14ではアイテム課金というのは今のところ無い模様です。

MMORPGの魅力

ここまでMMORPGについて色々と解説しましたが、
なんだかあまり良い事を書けなかったような気がするので、
最後にMMORPGの魅力について書こうと思います。

私が思うMMORPGの魅力。

それは、
「リアルだけどリアルじゃない別の世界で冒険ができる」
というところです。

FF14の世界には現実世界のようなビルは存在しません。

周りには見たことも無い建物やモンスター。
道を歩けばチョコボとすれ違い、
剣と魔法で戦う王道ファンタジーの世界です。

そんな世界の中の住人になることができる。
それが何よりワクワクします。

ゲームの内容としてもう一つ上げるとすれば、
魅力的なエンドコンテンツの存在です。

エンドコンテンツとはその名の通り、
ゲームの終盤で楽しむことができる高難易度なコンテンツのことです。

多くが多人数パーティのバトルコンテンツなのですが、
これが本当に楽しいです。

FF14では最大8人のパーティを作ることができるのですが、
これが3つ集まった合計24人のプレイヤーと
お互いに協力してクリアするコンテンツが導入される予定です。

恐らくとても難しいでしょうが、
これをクリアしたときの達成感が凄いです。

MMORPGを初めて遊ぶ人には、
是非このエンドコンテンツを楽しんで欲しいと思っています。

そして、
このサイトを立ち上げた理由も、
「MMORPG初心者をエンドコンテンツへ導くため」
だったりします。

MMORPGと従来のゲームを比べると悪い部分も確かにありますが、
それに見合う以上の良い部分や楽しめる要素が含まれていると思います。

そしてFF14というのは、
世界中で有名な「ファイナルファンタジー」の正式ナンバリングタイトルです。
これ以上MMORPG初心者入門のゲームは無いと思います。

なので、
もしあなたがFF14をプレイするか悩んでいる場合、
是非当サイトのコンテンツをご覧いただき、
プレイするに見合うかどうかの判断をしていただければと思います。

最後は何か宣伝のようになってしまいましたが、
MMORPGについての説明でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!



管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。