オンラインゲームの美麗なグラフィックを楽しむには
性能の良いグラフィックボードが必要不可欠です。

また、
ベンチマークのスコアが足りない理由の多くも
このグラフィックボードが原因です。

ここでは、
グラフィックボードの選び方や増設方法に関して解説します。

ステップとしては以下の4つです。

1.グラフィックボードが拡張可能かの確認
2.電源容量の確認
3.グラフィックボードの選び方
4.グラフィックボードが筐体に入るかの確認

それぞれ解説していきます。

グラフィックボードが拡張可能かの確認

まずは自分のPCにグラフィックボードが増設できるスロットが余っているか確認します。

PCにはそれぞれ型番というものあって、
本体のどこかにシールで貼ってあります。

例えば私のパソコンは「AM3970-H54d」という型番です。
型番がわかったらメモしておきましょう。

1.メーカーに確認する場合
これが一番確実です。
メーカーに電話して型番を教えれば、
自分のPCに拡張スロットが付いているか確認することができます。

2.自分で確認する場合
メーケーのサポート時間が終わっている場合は自分で調べることも可能です。
先ほどの型番をそのままgoogleやyahooで検索しましょう。

すると自分のパソコンについての説明を見ることができるページが見つかるはずです。
そこで「スペック」とか「仕様」と書いてある所を探してください。

何か色々書いてあるところが見つかったら、
今度は「Ctrl+F」を押して検索機能を使います。

画面の右上に検索窓が出てくると思うので、
そこに「pci」と入力してください。

すると今見ているページの中にpciという単語があればそこへ自動的に飛んでくれます。
検索した結果「pci express」というような単語が見つかれば、
恐らく拡張スロットが存在するのでグラフィックボードの増設が可能です。

もし無い場合やよくわからない場合は、
PCの中を開けてみるしかありません。

pci01

上記の赤枠のように空いているスロットがあれば問題ありません。

電源容量の確認

電源容量によって、
どれだけ性能の良いグラフィックボードを付けられるかが変わってきます。

電源容量があれば沢山あれば良いものを付けられるでしょうし、
少なければ増設は無理かもしれません。

調べ方は先ほどと変わりません。

メーカーに効く場合は、
型番を教えて「電源容量はどれくらいですか?」
と聞けば教えてくれますし、

ネットで調べる場合も「スペック」「仕様」の詳細に記載されています。
大体500W前後の値になるかと思います。

data-ad-slot="3673381137">

グラフィックカードの選び方

さてスロットに空きがあり、
電源容量もわかったところでグラフィックボードを選びましょう。

今回はFF14を遊ぶために選ぶので、
どのグラフィックボードでどのくらいベンチマークの数字が出るか見てみましょう。

benchi01

左に書いてある「GTX670」みたいなのが「グラフィックカードの型番」
右の数字がベンチマークのスコアです。
赤が最高品質、青が標準品質です。

ちなみにこれは一番大きい解像度なので、
解像度を落とせば若干数値が向上するかと思います。

図を見てわかる通り、
「GT640」以上の性能であれば標準品質は余裕を持って動き、
多少の高品質でも問題無いくらいでしょう。

価格も1万円しないくらいなので、
とりあえずこれを買っておけば間違いないと思います。

ちなみに私はGTX670(4万位)で最高品質で遊んでいます。
PCは6万円で買ったもの(Core i5)なので、
10万円あれば最高品質のFF14を遊べる計算ですね。

GT640以上であれば、
どのグラフィックボードを選ぶかはあなたのお財布との相談です。

標準品質でも十分綺麗なので、
あまり気にしないという場合は安いもので良いと思いますよ。

上記を参考に、
お目当てのグラフィックボードをいくつか決めておきましょう。

グラフィックカードが筐体に入るかの確認

折角買ったグラフィックボードが
PCの筐体に入らなかったら元も子もありません。
最後にしっかりチェックしておきましょう。

私が行った間違いない方法は、
「大型家電量販店の店員に聞く」です。

まず準備として、
自分のPCの筐体のサイズを図ってメモしておきます。
次に筐体を開けて拡張スロット周りの写真を撮ります。
そして最初に調べた電源容量もメモしておきます。

以上で完了です。

あとは、近くのヨドバシやらヤマダやらに行って、
「グラフィックボードはどこに売ってますか?」

と尋ねましょう。

売り場に案内されたら、
「知識が無いので相談したいんですが」と告げます。

すると詳しい店員さんがやってくるので、
付けたいグラフィックボードの型番、
PCの電源容量を話します。

「大丈夫」とか「ちょっと厳しい」とか言われると思うので、
予め目を付けておいた型番をいくつか聞きましょう。

電源容量が問題無い場合、
最後に筐体の寸法と写真を見せて入るかどうか確認します。

以上で確認完了です。

どうしても使えるグラフィックボードが無い場合は、
「FF14をやりたいんだけど、
 このPCで使えるグラフィックボードありますか?」

とそのまま聞けば教えてくれる店員さんもいます。

最後に注意点なのですが、
家電量販店では絶対に購入してはいけません。
相談だけして礼を良い、店を出て下さい。

というのも、
家電量販店での購入とネットでの購入とでは、
ネットでの購入の方が価格が5千円から1万円安いからです。
なので絶対ネットで購入しましょう。

ちなみにオススメのショップはドスパラです。
以下のアドレスから商品検索してみて下さい。

⇒ドスパラでグラフィックボードをチェックする

グラフィックボードの取り付け方に関しては、
詳しく解説しているサイトがありましたので紹介します。

⇒グラフィックボードの取り付け方



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!



管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。