shin_ifrit

メインコンテンツクリア後、最初の難関である
真イフリートの攻略解説を行います。

始めに要点を書いてきます。
真イフリート攻略には次の3つが大切です。

・エラプションをスタンする
・楔の処理方法を覚える
・攻撃パターンを覚える

以上を念頭に置き、
真イフリートの攻略へ移りましょう。

真イフリートのPhase変化について

まず始めに、
イフリートは残りHPによって使用してくる技が変化します。
主に以下のようなPhaseに分かれるので覚えておきましょう。

また、
Phaseが変化する際にイフリートが台詞を言います。
Phase変化の目安にすると良いでしょう。

■真イフリートPhase変化■
台詞:永遠偉大・・・我が「地獄の火炎」に焼かれよ!
Phase1開始

台詞:力戦奮闘・・・されど我が敵にあらず!
Phase2へ移行【HP70%~50%】(イフリートの背びれが光る)

台詞:兵貴神速・・・「炎獄の楔」にて、この者へ裁きを!
楔破壊へ移行

台詞:勇猛無比較・・・我が力を思い知るがいい!
アストラルフロウ:地獄の火炎

台詞:正々堂々・・・我が敵に相応しい!
Phase3へ移行

実はPhase1の中でも攻撃パターンが変わりますが、
そこまで気にならないのでひとつにまとめてしまいました。

次に、
イフリートの使用技をおさらいしましょう。

真イフリートの使用技

■インシレネート(前方扇状範囲攻撃)

イフリートの前方扇状に炎を吹き付ける攻撃です。

■バルカンバースト(イフリート中心範囲攻撃)

ノックバック付のダメージを与えてくれる攻撃です。
Dodgeした場合、ノックバックは無効になります。
鋼の意志でも無効化できます。

■クリムゾンサイクロン(前方範囲直線攻撃)
-Phase1

-Phase2

-Phase3

ジャンプしてから順番に突進してきます。
Phase3の動画を見るとわかりやすいですが、
必ず時計回り順に突進してきます。

■エラプション(指定対象者中心範囲攻撃)
Phase2-3

真イフリート攻略で最も重要な攻撃です。
ヘイト1位以外を対象に地割れ後に、炎が突き上げてきます。
Phase1では単発、Phase2では3連発、
Phase3では3連発×2という強力な攻撃です。
後衛は2発受けると高確率で戦闘不能になるので注意しましょう。
避け方は後述。

■光輝の火炎:通称サラミ(指定範囲場所範囲攻撃)

Phase2では外周と中央
Phase3では外周と中央と全体に攻撃範囲が及びます。
避け方は後述。

■熱波(イフリート中心範囲攻撃)
Phase3に入ると、
イフリートを中心とした範囲攻撃を頻繁に使ってきます。
光輝の火炎の動画に何回か写っているので見てみて下さい。
前衛は避ける術がありませんが、
そこまでダメージは受けないので気にしなくて良いです。

■炎獄の楔

イフリートのHPが半分を切ると、
動画のように楔が4つ出現します。
これをいくつ壊せたかでアストラルフロウの威力が決まります。
詳しくは後述。

■地獄の火炎(アストラルフロウ)

防御不能の全体範囲攻撃です。

真イフリートが使用する技は以上になります。

次に、
Phase別の攻略へ移ります。

真イフリートPhase1の攻略

Phase1で真イフリートが使用する攻撃は、

・インシレネート
・バルカンバースト
・クリムゾンサイクロン
・エラプション
の4つです。

クリムゾンサイクロンとエラプションは、
HPが少し減少すると使用してきます。

注意すべき攻撃に関して解説していきます。

各攻撃の注意点

■バルカンバースト

ノックバック効果があるのでキャスターは詠唱が中断されます。
なので、Phase1の立ち位置は以下のようなものが良いでしょう。

立ち位置01

MTはメインタンク、STはサブタンク、Hはヒーラーを略したものです。

MTは他のメンバーにインシネレートが当たらないように、
イフリートを外側へ向けましょう。

後衛はバルカンバーストの当たらない範囲ならどこにいても問題ありません。

ヒーラーは固まらずに二手に分かれた方が良いでしょう。

近接クラスはノックバックしますが、
そこまで大きなダメージではないので気にする必要は無いでしょう。
タンクは「鋼の意志」を使用すれば無効化できるので、
気になる人は使ってみましょう。

■クリムゾンサイクロン

Phase1の時点では、
見てから避けるのは簡単ですが、
当たると大ダメージなので注意しましょう。

■エラプション
技紹介の部分でも書きましたが、
真イフリート攻略で最も重要な攻撃です。

エラプションの詠唱が始まったら、
サブタンクは必ずスタンを入れて発生を阻止してください。

これには2つ理由があります。

①リミットブレイクゲージの蓄積
真イフリート戦では、
エラプション・光輝の火炎をスタンで阻止するとファインプレイ扱いになり、
「シャキン!」という音と共にLBゲージが蓄積します。
後述する炎獄の楔を破壊する為に、
できるだけ多くゲージを貯めておきたいのです。

②全滅の阻止
Phase1では大したことが無いエラプションも、
Phase3では3連発×2という非常に強力な攻撃になります。

真イフリートで全滅する理由の多くが、
Phase3でのエラプションによるものです。

なので、
Phase1からエラプションを阻止する癖を付けておきましょう。

以上の理由から、
エラプションは必ずスタンで阻止するようにしましょう。

でも、
全部阻止するってそんな無茶な!って思いませんか?

実はそこまで難しいことではありません。

なぜかというと、
真イフリートは攻撃するパターンがほぼ全て決まっているからです。

Phase1前半は、
インシレネートとバルカンバーストしか使用しません。

Phase1後半は、
バルカンバースト→エラプション→インシレネート→クリムゾンサイクロン(突進)→エラプション→インシネレート→エラプション→インシネレート→クリムゾンサイクロン(突進)→エラプション→インシネレート→バルカンバーストに戻る

この順番でスキルを使用してきます。

つまり、
バルカンバーストとクリムゾンサイクロン(突進)
の後にエラプションが来るという事ですね。

あなたがサブタンクを担当する場合、
このことを頭に入れておいてください。

data-ad-slot="3673381137">

真イフリートPhase2の攻略

さて、
HPが約70%を切るとPhase2に移行します。

Phase1から攻撃の追加・攻撃内容の変化があります。
変更点は以下の通り、

各攻撃の変更点・注意点

■クリムゾンサイクロン
突進攻撃ですがイフリートが2体に増えます。
必ず時計回りで突進してくるので冷静に回避しましょう。

ちなみに、
イフリートとイフリートの間も安全地帯だったりします。

■エラプション
Phase1の時は単発でしたが、
今回は味方一人に対して3連発してきます。

味方を巻き込まないように、
なるべく空いている方向へ回避しましょう。

サブタンクはもちろんスタンで阻止することを心掛けて下さい。
Phase2の攻撃パターンは後述。

■光輝の火炎:通称サラミ
攻撃範囲は決まっているので、
攻撃パターンさえわかっていれば完全に避けることが可能です。

スタンで阻止したくなるのですが、
スタン耐性が付きエラプションが阻止できなくなるのでオススメしません。

Phase2の攻撃パターンは以下の通りです。

バルカンバースト→エラプション→外周サラミ→エラプション→内周サラミ→クリムソンサイクロン(突進)→インシネレート→バルカンバーストに戻る

エラプションは相変わらずバルカンバーストの後になります。
Phase1からPhase2へ移行するタイミングによっては、
エラプションが近い間隔で4回続く場合があります。

その時はまず間違いなくレジストされていまうので、
ターゲットされた場合は毎回回避するつもりで立ち回りましょう。

サラミですが、
上記のようにパターン化されている為、
非常に簡単に回避することができます。

エラプションが来たら外周サラミを警戒し、
外周サラミが来たら内周サラミを警戒する。

これだけで回避できます。

真イフリート炎獄の楔の攻略

イフリートの台詞と共に、
マップ中央に炎獄の楔が4つ出現します。

この楔はこの後に使ってくる地獄の火炎の威力に関係しており、
楔が残っていればいるほど威力が上がります。

具体的には2つ以上楔が残っているとまず全滅します。
1つだけ残った場合はギリギリ生き残るか死ぬかといった具合です。

今回は、
できるだけ安定して全ての楔を破壊する方法を解説します。

楔の攻略は味方のジョブ構成によって、
方法が2つに分かれます。

メテオが使える場合

メテオが使える場合、
つまりメンバーに黒魔道士か召喚士がいる場合、
リミットブレイクレベル3のメテオを使います。

4つ全ての楔が範囲に入るように
調節するのを忘れないようにしてください。

リミットブレイクが貯まっていない場合はどうするか?

火力が高いパーティだとゲージが2本しか貯まっていないうちに
楔に突入することがあります。

この場合はとりあえず全員で楔を一つ壊しましょう。

楔を壊すとLBゲージが大幅に貯まるので、
これでレベル3まで貯まるはずです。

貯まった後はメテオを使って各個撃破で間に合います。

メテオが使えない場合

メテオが使えない場合は、
もちろん近接DPSがリミットブレイクを使う事になります。

楔出現直後、
とりあえず近くの楔をリミットブレイクを使って壊します。

この場合、
ゲージが2つしか貯まっていなくても問題ありません。

あと楔は3つ残っている訳ですが、
次にこの中の2つを通常スキルで削りきります。
3つの楔に火力が分散しないようにマーキングすると良いかもしれません。

楔が最後のひとつになっている頃には
またリミットブレイクゲージが貯まっているはずです。

最後の楔はこれを使って破壊します。

意外と時間がかかりますが、
なんとか間に合います。

楔攻略時の真イフリート攻撃パターンは以下の通り。
バルカンバースト→エラプション→インシネレート→インシネレート→エラプション→インシネレート→地獄の火炎

ちなみに、
楔を全部壊した時点で現在の行動をキャンセルして地獄の火炎に移行します。

サブタンクはここでもエラプションの阻止に気を配ってください。
メテオが使えない場合は楔を削るのも手伝う必要があるため、
若干負担が増します。

真イフリートPhase3の攻略

さぁ、最後のPhaseです。
猛烈な攻撃を掻い潜って勝利を手にしましょう!

攻撃の変更点は以下の通り

■熱波
イフリートを中心とした範囲攻撃を頻繁に打ってきます。
しかし、気にする必要は特にありません。

■クリムゾンサイクロン
Phase2の時2体だったのが3体に増えます。
今までと同じように、冷静に回避しましょう。

■エラプション
3連発×2人に強化されます。
この攻撃でヒーラーが落ちるとまず全滅するので、
サブタンクは頑張って阻止するように。

DPSもヒーラーのいる方へ誘導しないよう注意しましょう。

■光輝の火炎:通称サラミ

外周サラミ、内周サラミに加えて、
イフリートの周り極小範囲以外を対象にした全体サラミを使用してきます。

いままでサラミはスタンしてはいけないと書いてきましたが、
全体サラミだけに関してはスタンしても問題ありません。

この攻撃もパターンが決まっているので
回避するのは容易です。

Phase3の攻撃パターンは以下の通り。
インシネレート→バルカンバースト→エラプション→クリムゾンサイクロン→外周サラミ→内周サラミ→エラプ→全体サラミ→インシネレートへ戻る

エラプションはバルカンバーストと外周サラミの後。
内周サラミを見たらイフリートの近くへ移動しておくことで、
全体サラミも簡単に回避することができます。

あとは本当に繰り返すだけです。
パターンさえ覚えれば簡単にクリア可能です。

スタンについて

ここまで読んで頂けたあなたは理解していると思いますが、
真イフリート攻略のカギはエラプションをスタンで阻止することです。

なので、
サブタンクを担当しないプレイヤーは
スタンスキルを使用しないようにしましょう。

スタン耐性がついてレジストされてしまいます。

ちなみにスタンスキルを持っているのは、
ナイト・戦士・竜騎士・モンク・白魔道士・召喚士です。

中でも、
召喚士のイフリートエギとタイタンエギは忘れがちなので、
戦闘が始まる前にガルーダエギに変えましょう。

スタンを担当するプレイヤーに多い失敗は、
「スタン以外の事をやろうとしすぎる。」
ということです。

DPSを出そうと攻撃スキルを使った瞬間に
エラプションの詠唱が始まり、
結果止められない。

という事が良く起きているのを見ます。

イフリートの攻撃パターンを完全に暗記している場合は
効率よく攻撃にも加わることができるのですが、
そうでない場合はいっそのこと、

「スタン以外何もしなくて問題ありません。」

これでも十分クリア可能です。
まだ自身が無い人は攻撃は二の次にして
とにかくエラプションをスタンしてみる。
という意識の元プレイしてみて下さいね。

終わりに

以上で真イフリートの攻略解説を終わります。
いかがでしたでしょうか?

真蛮神戦はどれもそうなのですが、
蛮神の攻撃パターンを覚えることが全てと言っても良いです。

上記の解説を踏まえ、
実際に私が真イフリートの攻略を行っているのが以下の動画になります。
多少グダっていますが、参考までにご覧ください。

以上で真イフリートの攻略解説を終わります。



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!



管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。