FF14_パーティ

ダンジョンを攻略する時、
特定のモンスターを効率良く倒す時、
そんな時に必要なのがパーティプレイです。

オンラインゲームの大きな醍醐味であるパーティプレイですが、
独特なコミュニケーションを取ることが少なくありません。

今回はそんなパーティプレイのチャットにおける
会話の例を見てみましょう。

パーティ結成編

パーティ結成の時には、
自分がリーダーとなってパーティを募集するのか?
誰かの募集に自分が参加するのか?
の2パターンが存在します。

誰かのパーティ募集に参加

まずは簡単な「パーティ募集に参加する」方法から行きましょう。
基本的にパーティ募集はシャウトで行われることが多いです。

例えば「天然要害サスタシャ浸食洞」という
ダンジョン攻略を目指すパーティを集める場合、
ダンジョンが存在するエリアである「西ラノシア」で募集が行われます。

あなたがサスタシャ攻略のパーティを探している場合は
西ラノシアへ行き耳を澄ましてみましょう。

すると色んなシャウトが聞こえてくると思います。

「サスタシャ行きませんか?」
「lv15~ サスタシャ募集 @2」
「サスタシャ周回募集 @盾1 回復1 火力1」

みたいな感じですね。
聞きなれない用語ばかりで変な呪文に聞こえるかもしれませんが、
直に慣れると思います。

簡単に解説しましょう。

「@2」とか「@1」とかいうのは「あと何人」の略になります。

「周回」というのは「できれば何回か行きたい人が来てね」という意味です。

「lv15~」は見たままレベル帯の指定ですね。

盾・回復・火力などはクラス別に割り振られているロールを指します。
盾=タンク(剣術、斧術、ナイト、戦士など)
回復=ヒーラー(幻術師、白魔道師、巴術師、学者など)
火力=アタッカークラス(呪術師、黒魔道師、槍術師、竜騎士など)

例えば
「サスタシャ周回募集 @盾1 回復1 火力1」をわかりやすく書くと、

「サスタシャ何周か一緒に行きませんか?
 あとタンク1人ヒーラー1人アタッカー1人募集中です!」

みたいな感じですね。

で、
このようなパーティ募集に自分が参加したいときは、
このシャウトの発言者に直接Tellで話しかけます。

話しかける内容は、
「自分のクラス + レベル + 一言」が良いでしょう。

先ほどの、
「サスタシャ周回募集 @盾1 回復1 火力1」に返事をする場合、

「呪術lv16ですが参加したいです!」

みたいな感じで返事をします。
すると、

「了解!パーティ誘います。」
とか返事が来てパーティに誘われます。

時にはタイミングが悪く
「ごめんなさい、もう埋まってしまいました」
という返事が来たり、まったく返事が来なかったりする場合もあります。

その時はもう既に枠が埋まっている状態だと考えられるので、
大人しく次の募集シャウトを待ちましょう。

でも、ずっと待ってるのって暇だし
どうせなら自分でパーティを募集しちゃうのをお勧めします。

自分でパーティを募集する

自分でパーティを主催するというのは楽しいものです。
是非できるようになってパーティリーダーへの最初の一歩を踏み出しましょう!

さて、
方法ですがまずは「パーティ構成」から考えましょう。
序盤のパーティは4人編成の事が多いです。

鉄板な構成は、
盾1人回復1人火力2人です。

なので、
この人数とクラス構成になるように
パーティメンバーを集めましょう。

具体例として、
先ほどと同じサスタシャ攻略パーティを募集してみます。

まずはシャウトする場所です。
サスタシャがあるのは西ラノシアなので、
西ラノシアまで移動しましょう。

次にパーティ編成です。
仮に自分は「剣術師」だったとします。
剣術師はタンククラスなので、盾は自分がこなします。

足りないのは回復1人と火力2人なので、
このメンバーをチャットで募集します。

実際にシャウトしてみます。
「lv15~ サスタシャ行きませんか?@回復1火力2募集中tell下さい!」

こんな感じですね。
するとこのシャウトを見かけたメンバーがTellで話しかけてきます。

「呪術lv16ですが参加したいです!」
みたいな返事が来ればわかりやすくて良いのですが、

ただ一言、
「参加したいです!」みたいな返事が来たりもします。

そんな時は、
「クラスとレベルを教えてください」というようなやり取りをして、
自分が欲するメンバーなのかどうか確認しましょう。

既にアタッカーが足りているのに呪術師からtellが来た場合は。
「すみません。アタッカーは埋まってしまいました」と返信すればいいし、
レベルが足りない人であれば必要なレベルを教えてあげると良いですね。

適切なクラス・レベルの人からtellが来た際は、
チャット欄の名前を選択してサクサクパーティに誘っていきましょう。

以上のやりとりで、
あなたの理想のパーティメンバーが集まるはずです。

自分がリーダーになってパーティを募集するというのは、
始めは緊張するし慣れないものです。私も最初はそうでした。

でも、
今ではあまりにも面倒な時以外、
毎回自分がリーダーになっています。

あなたも是非、
周りの冒険者を引っ張っていけるようなリーダーに成ってくださいね。

最後に

いかがでしたでしょうか?
始めてオンラインゲームでパーティを組むのって、
緊張でドキドキするけど楽しみでワクワクして、
なんだかよくわからない気持ちになります。

今回の話を聞いて頂き、
少しでもパーティ作製への不安や抵抗を解消できたらとても嬉しく思います。

次回は実際にパーティで遊ぶときどのような会話がされるのか?
というのを解説したいと思います。

⇒シーン別会話例【パーティプレイ編】(作成中)



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!

    チャットとはインターネット上で行われる 「リアルタイムコミュニケーション」の事を言います。 要するに、 「Line」や「…

    今回は、 「チャットで使われる慣用表現・用語集」ということで、 オンラインゲームをプレイする上で知っておくと便利な、 会…

    FF14の世界を冒険しているあなたには、 凶悪な敵、見つからないアイテム、 他にも色々な困難が待ち受けているでしょう。…

    チャットとは、 オンラインゲームには欠かすことのできない大事な機能です。 しかし、 オンラインゲーム初心者にとって、 ゲ…



管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。