リンクシェル(以下LS)とは、
FF14に参加しているプレイヤーが任意で作成・加入できる
「グループチャット」のようなものです。

今回はこのLSについて解説します。

LSって何のためにあるの?

LSには
「このように使わないといけない!」
というような予め設定された用途は特にありません。

プレイヤーが自由に決めていいのです。

例えば、
・初心者が気軽に質問できる「初心者専用LS」
・エンドコンテンツの情報交換を行う「攻略専用LS」
・仲良し友達同士の「秘密のチャットLS」

このように、
プレイヤーが好きにLSの用途を設定し、
その用途に共感した人が集まる。

LSとはそういうものなのです。

LSを作ってみよう!!

LSの作成には特に決まった制限などはありません。
キャラクター作成直後からLSを作ることができます。

LSを作りたい場合は、
各都市にいる以下のNPCに話しかけてください。

ls01

LSの名前とクレストを用途に応じて好きに決めましょう。
これでLSの作成は完了です。

LSの運営権限

さて、
LSを作ったのでメンバーを加入させていくわけですが、
その前に各プレイヤーに付与される運営権限について説明します。

LSに加入しているプレイヤーは、
・マスター
・リーダー
・メンバー
という3種類の属性に分けられます。

LSの作成者はもちろんマスター。
LSに加入したプレイヤーはメンバーへ振り分けられます。

リーダーは、
マスターがメンバーの中から選出します。

「マスターとリーダーって何が違うの?」

ということなんですが、
以下のような違いがあります。

ls02

このように、
マスターは全ての権限を持っているのに対し、
リーダーは新規プレイヤーの勧誘と、
メンバーのキックしかできません。

※キック:LSのメンバーから追放するという意味

LSへの勧誘・加入の仕方

LSへの勧誘

LSの構成員は放っておいても増えません。

友達同士のLSの場合は良いのですが、
特に繋がりの無いプレイヤーを集めたい場合は、
勧誘活動を行う必要があります。

よく見かけるのはシャウトによる勧誘。

3大都市(ウルダハ、グリダニア、リムサ・ロミンサ)の中で、
「初心者専用LS始めました!入りたい人はtell下さい!」

みたいな感じですね。
これで自分のLSに興味がある人から話しかけられます。
あとはフレンド申請の要領でLSへ誘います。

LSへの加入

LSへの加入方法はただ一つ。
「新規メンバーの加入権限」を持つLSメンバーから勧誘を受ける。
これだけです。

上述したように、
ゲーム内で勧誘シャウトをしているプレイヤーに
加入したい旨を伝えるのが一番早いです。

また、
ロードストーン内でどのようなLSがあるか検索できるので、
そこで自分の合いそうなLSを探してみるのも良いかもしれませんね。

LSの注意点

複数のリンクシェルに加入できるか?

可能です。

プレイヤーは最大8つまでのLSに加入できます。
8つ加入している時点で他のLSに加入したい場合、
既に加入しているLSの1つから脱退する必要があります。

チャットログが見にくい!!

初期設定のままだと、
LSの会話が全て通常のチャットログに流れてくるので、
チャットログがとても見にくいものになります。

大事な会話を見逃すこともありえるので、
チャットログのカスタマイズをオススメしています。

チャットログのオプションから弄ることができるので、
タブを別にして切り離してみたりなど、
色々お好みで試してみてはいかがでしょうか?

おわりに

個人的にオンラインゲーム初心者であれば
LSへの加入をお勧めしています。

一緒に攻略する仲間がいると楽しいし、
アドバイスをすぐに貰える環境はとても便利です。

是非、あなたに合う最高なLSを探してみて下さい。
自分で作っちゃうのも全然有りです!!



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!

    記事が見つかりませんでした。


管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。