パッチ2.1で実装された、
極イフリートの攻略解説を行います。

装備について・PT構成

CFでのIL制限は70ですが、
体感的には80位欲しいところです。

70ではHPと削りが足りないような気がします。

全身DLにアラガン数か所の装備で挑めば、
少し余裕が出るかと思います。

PT構成は、
範囲回復を多用することになるので、
詩人は必須だと思います。

ヒーラーの構成は特に気になりませんでした。

DPSも詩人さえ入っていれば、
どの職でも構わないと思います。

攻略の手順

大まかには
以下のようなフェース進行となります。

戦闘開始

エラプション

楔(4本)

全体サラミ

突進(4体)

エラプション

エラプション

楔(8本)

全体サラミ

突進

エラプション

エラプション

楔(13本)

全体サラミ

突進

・・・

といった感じです。

注意すべき点は次の通りです。

・咆哮の対応
・インシネレートのデバフ対応
・エラプションの回避
・全体サラミの回避
・突進の回避
・楔(4本)の対応
・チェーンの対応
・楔(8本)の対応
・楔(13本)の対応

順次解説していきます

咆哮の対応

戦闘開始時にヒーラーのどちらかに
灼熱の咆哮という攻撃をしてきます。

この攻撃を受けると灼熱というデバフを貰い、
一定時間ごとにデバフを受けたヒーラーの周りに範囲攻撃をばら撒きます。
ヒーラー自信もDotダメージを受けます。

この範囲攻撃が味方に当たると、
ノックバック+約2500ダメージを貰います。

なので、
このデバフを受けたヒーラーは味方と離れていなくてはいけません。

幸い咆哮時にはイフリートがヒーラーの咆哮に向き直るので、
自分に来たと思ったら味方から離れて下さい。

デバフが切れると、
今度はもう一人のヒーラーに方向を飛ばし、
以後、交互に飛んできます。

01

私のPTでは、
メインタンクがイフを端で抱え、
イフの真後ろに他の全員が集合。
咆哮を受けたヒーラーはフィールド中央からイフリートを見た時に、
左側のほうへ目いっぱい離れていました。

マーキングも付けておき、
全員が視認しやすいように工夫もしていました。

楔処理の時に移動する必要がありますが、
これは楔のところで解説します。

インシネレートのデバフ対応

インシネレートを受けると、
被ダメージが上昇するデバフを受けます。

これはスタックしていくごとに
受けるダメージが跳ね上がります。

個人的にはスタック数で交代するよりは、
片方のタンクのデバフが切れたら即交替くらいで良いと思います。
最初は3スタックくらいで交代しておいて、
以後デバフが切れたらスイッチという感じですね。

これは攻略終了までずっと続けていくことになります。

エラプションの回避

一定時間ごとにエラプションを使用してきます。
今回のエラプションはDPS狙いの同時に2人×3連発です。
スタンでは止められません。

また、
ヒーラーが貰う咆哮デバフの関係上、
自由にフィールドを走り回って回避することもできません。

なので、あらかじめ回避する道順を決めておいて、
全員で一緒に移動して回避します。

私のPTでは咆哮を受けた―ヒーラーは左の方へ配置しているので、
他は全員右側へ回避します。

02

以後一定間隔で使用してくるので、
確実に回避できるようになりましょう。
(そんなに難しくは無いです。)

ちなみに、
エラプションのあとに必ずバルカンバーストを使用してきますが、
全員で回避していれば当たることはありません。

全体サラミの回避

極イフリート戦では合計3回の楔があり、
その後毎回地獄の火炎を使ってきます。

地獄の火炎のあとには、
必ず全体サラミが来ます。

この攻撃はフィールドに2か所しか回避できる場所が存在しません。
ちなみに回避場所は点対象になっており、

ひとつの回避場所があったら、
その真反対にもう一つの回避場所が有ります。

肝心の回避場所ですが、
初回はフィールドを時計の針に例えて、
大体1時と7時の位置に回避場所があります。

2回目は
3時と9時くらいです。

以後時計回りに少しずつずれていく感覚で大丈夫だと思います。

地獄の火炎の後は、
タンクはこの回避場所より少しずれた場所にイフリートを誘導しましょう。
サラミの詠唱に入ったら回避場所に入り、
終わったらすぐに戻る。

といった感じです。

灼熱を貰っているヒーラーは
もちろん他のメンバーと反対側の回避場所に行きましょうね。

03

突進の回避

地獄の火炎、全体サラミの後に必ず来るのが、
この突進攻撃(クリムゾンサイクロン)です。

真では3体でしたが、
極では4体+範囲拡大となっています。

イフリートの隙間で回避することもできないので、
必然的にぐるぐる回って回避することになります。

出現位置は大体決まっているので、
灼熱持ちのヒーラー以外の回避は簡単でしょう。

問題は灼熱持ちのヒーラーですが、
もちろん他の人と一緒に回避することはできません。

イメージとしては時計回りに順番に突進が来るところを、
被弾覚悟で反時計回りに走ると良いです。

一発は耐えられると思うので、
避けられないという方は是非試してみて下さい。

04

楔(4本)の対応

最初の楔破壊です。

極の楔は壊すと範囲攻撃をばらまき、
しかも短時間ではありますが、
インシネレートを貰った時のように被ダメージUPのデバフが付きます。

つまり、
メテオなどの範囲攻撃で一気に壊すと、
即全滅します。

よって、
DPS全員で一本ずつ壊していくと良いです。

私のPTでは基本的に全て時計回りで破壊しています。

1と2本目は普通に破壊、
3本目は灼熱持ちのヒーラーに近いのでキャスターで破壊。
4本目は普通に破壊。

といった感じです。

初回の楔は全く難しくないので、
一本ずつ確実に壊しましょう。

チェーンの対応

2回目の楔から、
PTのタンク一人とDPS一人が赤い鎖で繋がれます。

繋がれたキャラはDotダメージと攻撃力低下のデバフを貰います。
このデバフは繋がれた鎖が長ければ長いほど強力になるので、
繋がれた人はデバフの数値が1になるくらいに近づきましょう。

対応はそこまで難しくないです。

楔(8本)の対応

ここら辺から楔の処理が難しくなっていきます。

繰り返しますが私のPTでは
基本的に時計回りに壊していきます。

鎖で繋がれたDPSはタンクと一緒にイフリートの近くへ行き、
周辺の楔を削っておきます。(半分くらい削ったら他の楔を削る)

DPSは時計回りにひとつずつ壊していくわけですが、
ここで灼熱持ちのヒーラーの動きが重要になります。

時計回りでどんどんDPSが迫ってくるわけですから、
移動しなければいけません。

なので、
イフと真反対あたりの楔にDPSが取り掛かりはじめたら、
機を見計らって既に楔が壊れている反対側へ移動しましょう。

DPSもなるべく中心には近づかないように、
外周にへばりつきながら攻撃します。

これである程度事故は減らせるんじゃないかと思います。

死者がいなければ十分破壊に間に合うだけの時間はあるので、
落ち着いて行動しましょう。

05

楔(13本)の対応

ここを超えればまずクリアできるでしょう。
基本的な動き方は8本の時と同じです。

注意しなければいけないのが、
場合によってヒーラー二人ともに灼熱がかかります。

ヒーラーはDPSの位置をよく確認し、
DPSもヒーラーの位置を確認しながら移動しましょう。

最後に真ん中に出現する巨大楔をLBで壊すのですが、
これが壊れると約2500ダメージの範囲攻撃をばらまきます。

HPが回復していないうちに焦って壊すとそのまま全滅するので、
ヒーラーの回復を見計らって壊しましょう。

ちなみにタンクはここで
インビンシブルを使ってしまって構わないかもしれません。

ここを超えればイフリートのHPは残り10%くらいのはずです。

地獄の火炎の後には全体サラミからの突進がありますが、
今までと同じ避け方で問題ありません。

冷静に回避し、イフリートを削りきりましょう。

まとめ

極を3体経験した感想を言うと、
強さと楽しさを比べれば、

タイタン>>>イフ>ガル

といった感じです。

全てに通して、
圧倒的にヒーラーの負担が高いです。

回復量の減ったメディカラでは追いつかない場面もあったりするので、
ケアルガを打つタイミングとか難しそうだなと思いました。

タイタンとイフに関しては、
タンクのスイッチが必須になります。
息を合わせるのが意外と難しいので、
CFの即席PTでの攻略は苦労しそうです。

DPSはとにかく攻撃を避ける。
これだけです。

あとは味方を信じて攻撃し続けるのみ。

タイタンを超えていればイフはそこまで苦労しないでしょう。
是非、攻略して専用装備を手に入れて下さいね!

それでは以上になります。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

動画は撮影出来次第掲載します。



Twitterでネタツイートやら更新情報やら呟いてます。
もしよろしければ、フォローして頂けたら幸いです(*´ω`*)


合わせて読みたい関連記事はコチラ!!



管理人のTwitterです。更新情報を知りたい場合はフォローお願いします。